部屋の用途に合わせて適材適所へモノを移動~お子様の思い出の品物~


大阪市在住、愛猫とシンプルに暮らす、
かたづけ ねこの手の尾崎蜜柑です。


『お子様が独立され、空いたお部屋を使いやすくしたい』
との依頼を頂きました。


【お部屋の用途に合わせてクローゼットへ入れるものを選ぶ】

2部屋の作業をしました。
①の部屋:クローゼットがあり、お子様家族が寝泊まりされる(ベットなし)
②の部屋:ベットがあり、お子様やおうちの方が使用される


こちらは、①のお子様家族が来られた時に使われるクローゼットです。

before:主にお子様の思い出の品物が入っていました。


c0333144_17102133.jpg



after:思い出の品物は、②の部屋へ集約させてもらいました。①のお部屋で必要なお布団を収めました。

c0333144_17102464.jpg




②の部屋へ思い出の品物を集約しました。

そして、お子様が来られた際、『必要・不必要の見直しをしてもらう』という目的もあるため、

ダンボール箱へ入っていた思い出の品は、全て棚へ出しました。



before:棚が空いていました。

c0333144_17102727.jpg



after:アルバムなど思い出の品物を棚へ置きました。


c0333144_17103112.jpg


before:

②の部屋のベッドの上に①の部屋で使う布団、和室で使う布団などがありました。



c0333144_17103503.jpg


after:①の部屋と和室へ移動しました。


c0333144_17103620.jpg


この度は、『かたづけ ねこの手』へ依頼をいただき、誠にありがとうございました。



by honey-mikan | 2016-09-08 20:41 | 整理収納のこと