大阪市在住、愛猫とシンプルに暮らす、
かたづけ ねこの手の尾崎蜜柑です。


阿倍野生涯学習センターで開催された

第6回『大阪ねこの会
定期集会へ参加しました(*^^*)


参加人数100名を超えていたのでしょうか。
多くの方が来られておりました。

会員登録数は、現在約600名だそうです。


学ぶことが多く、また、最後の質疑応答では
TNRにご協力頂ける方とお知り合いになれ、
来てよかったと思いました。


これは、『どうぶつ基金』のポスターです♪
素敵な色合いでとても可愛い~053.gif

c0333144_18391033.jpg



議員さん、『猫カフェ ネコリパブリック』さん、
その他にも、色んな方からの貴重なお話が聞けました。


c0333144_19185754.jpg



『大阪ねこの会』の副理事がTNR活動を始められた頃、
犬猫の殺処分は170万頭もいたそうです。


c0333144_18391288.jpg




1988年から『公益財団法人 どうぶつ基金』が設立されました。

1988年 殺処分数
 ・犬 約70万頭
 ・猫 約30万頭


2014年 殺処分数
 ・犬 約2万頭
 ・猫 約8万頭


猫の殺処分対象は、約70~80%がまだ生まれて間もない赤ちゃん猫



『どうぶつ基金』からの支援があり、ボランティア活動があり、
ここまで殺処分数が減ったということが、よくわかりました。


c0333144_18391495.jpg

『どうぶつ基金』の理事長は

「すぐやる 全部やる 続ける」 特に【続ける】が大切である

と仰っておられました。


また、ある番組で放送された言葉です。

 「耳先をカットしている猫は 適切な世話を受けている猫として
  通常、処分の対象になりません」


耳カットした猫は、命を救う 命綱になる

ということを教わりました。



c0333144_18392017.jpg




2020年のオリンピックまで、あと4年。


大阪では、2010年約8000頭の殺処分が、2014年、約4000頭。




c0333144_19185983.jpg


私は、仕事をしながらのTNR活動となり、微力ではございますが、
できる限り精一杯、頑張りたいと思います。




by honey-mikan | 2016-09-25 20:22 | 猫のボランティア活動